予約変更・キャンセル

ピンチ!予約日が急遽行けなくなってしまった!そんな時は?

人間ですから、予定の一つや二つ、急に変わることはありますよね。

今回は、湘南美容外科クリニックの予約変更の方法をご紹介していきたいと思います。

湘南美容外科クリニックの場合、正しく予約変更しなければキャンセル料が発生するので注意が必要です。

先の予定が読めないスケジュールもある

湘南美容外科クリニックで、脱毛の予約をとったまでは、良かったけど、先の予約過ぎて、ちょっと自分のスケジュールが読めない。

そんな時ってありますよね。また、急な予定が入ったり、いきなり生理になってしまったりすることもあると思います。

私の通っている湘南美容外科クリニックでの、別日への予約変更や、予約自体のキャンセルする方法を今からご紹介致します。

脱毛の予約変更・キャンセルに関して

湘南美容外科クリニックでは、脱毛の予約を、前々日の23時までに連絡しなければいけません。

つまり、

もし、仮にあなたが、1月1日に脱毛の予約していたとすると、もし予約を変更したかったり、キャンセルしなければいけなかったら、12月30日の夜23:00までに、クリニックに電話を掛けないといけません。

注意点!!

もし、受付時間を過ぎての、予約の変更や、予約のキャンセルをした場合、事務手数料として3,000円掛かってしまいますので、くれぐれもご注意して下さい。

例えば、この場合だと、

12月31日(脱毛予約前日)に、連絡した場合、手数料として3,000円掛かってしまいます。

これは、もし、あなたの通っているクリニックが、休診日だったとしても、必ず電話しましょう。通っているクリニックが休みでも、コールセンターなどに通話がつながります。

なんで、そんなんでお金を払わなきゃイケないの?

「急な予約の変更をしたのは、申し訳ないけど、どうして、事務手数料を支払わなきゃイケないの?」こう、思われた方って多いのではないでしょうか?

そう思われる方のお気持ちも充分分かります。なぜなら、私も同様、お客さんとして、VIO脱毛に通っているからです。

しかし、逆の立場からの気持ちもわかります。

私が脱毛サロンで働いていた時のこと

私は、元脱毛サロンで働いていていました。だから、運営者側の気持ちもわかるのです。

脱毛サロン時代に、せっかく予約をとったお客様にドタキャンされる経験もありました。私が働いていた脱毛サロンもキャンセル料がありました。

「ドタキャンされたって、そんな小さなことで気にするの?」と思われるかもしれませんが、そう簡単な話ではないのです。

お客様が来院する脱毛の時間を予想して、時間の枠を開けているのです。例えば、ワキの脱毛だと15分間、全身脱毛だと2時間と言った具合で、お客様の脱毛でとった時間の枠を埋めているため、他のお客様のご希望を入れれないのです。

そうすると、せっかく予約時間を開けているので、お客様にドタキャンされると、その枠の時間があいてしまうだけではなく、他のお客様の脱毛する機会も失ってしまうわけです。

つまり、2人分の時間の枠を損してしまうわけです。

だから、私が働いていた脱毛サロンではキャンセル料や事務手数料を頂いて、ドタキャンするお客様やバックレるお客様を未然に防いでいました。

予定が決まった時点で早めに連絡する

こういった経緯のことを私は、経験しているので、予定が変わりそうだったり、VIO脱毛を受けているので、生理がきそうだったら、予定を変更しています。

まぁ、湘南美容外科クリニックでは、生理中でもタンポンを入れておけば、VIO脱毛は受けられますが、私は極力避けるようにしています。

もし、あなたも湘南美容外科クリニックにて、脱毛を受けている、もしくは、今後脱毛しようとしているなら、予約は余裕をもって取るように心がけましょう。