Vライン、Iライン、Oラインを自己処理する方法

VIOラインの自己処理って大変ですよね。デリケートゾーンなので、すぐに肌荒れしてしまうし、毛を抜こうにも、かなり痛い。今回は、Vライン、Iライン、Oライン別に自己処理方法をご紹介させて頂きました。是非、ご覧ください。

Iラインの自己処理について

Vライン・Iライン・Oラインを自己処理しようと思ったら

「そうだ!もうすぐ、海に行くし、ビキニを着るからムダ毛処理しておこう!!」

「ちょっと、おしゃれな下着をきてみたいな〜」

そう思い、よし、その前に、ムダ毛処理しよう。

Vラインは、一応、見えるし多分できる。けど、Iラインってどうやって自己処理すればいいんだっけ?となった時に…。よし、Iラインの自己処理方法について、ちょっと検索して調べてみよう!

そう思い、このページに辿り着いた、あなたへ。このページでは、理想のビキニラインの作り方や、VIOラインの自己処理の全てをお話したいと思います。

Vラインは自己処理しやすい

Vラインって、目に見える部分だし、簡単に手が届きますよね。

だから、割りと簡単に自己処理することができます。

しかし、目に見えやすいからこそ、陰毛がはみ出ていると人にも見えやすい部分として要注意が必要な部位です。

やっかいなIライン

Iラインにはえるムダ毛は本当に厄介ですよね。

生理の時には、蒸れるし。もじゃもじゃとした毛に、血が絡みつき、衛生的にも良くない。しかも、ニオイがキツい!

他にも、

カワイイ下着や、セクシーなショーツを身に付けたいと思った時に、Vラインはギリギリ隠せても、カワイイ下着の場合、Iラインの両サイドから、もじゃもじゃとはみ出る毛があると、せっかくの下着が台無し。

Iラインの毛なんて、いっその事、無くしてしまいたい!!

このように思われている方って多いのではないでしょうか?

Oラインはエチケットとして自己処理しましょう

Oラインは、彼氏や旦那さん、夜の営み最中にしかほとんど見られることはないでしょう。

しかし、Tバックなどのセクシーな下着を身に着けたいという人にとって、Oラインの自己処理は必要不可欠です。

Oラインは、Iラインと同様、なかなか自己処理しづらい部位で、処理方法によっては、なかなか注意が必要なエリアです。

VIOラインを無くしてしまう人もケアする人もどんどん増えている

デリケートゾーンのムダ毛を脱毛する芸能人の方も増えているようです。

VIO脱毛を受けている芸能人って?

もうすでにデリケートゾーンやビキニラインを脱毛するのは、もう一般的になってきていますね。

私も、今、ツルツル状態です。恥ずかしいの?って友達とかに聞かれることがありますが、慣れると普通です。

それよりも生理中やムレ、かゆみ、ニオイなど防げるので、VIOラインはない方が私は楽チンで良いです。

12月限定でVIO脱毛キャンペーン中の湘南美容外科

本当のところどうなんだろう…ちょっと不安だし、本当に効果があるのか不安という人も多いのではないでしょうか?

ちょうど、現在、湘南美容外科クリニックにて、12月限定になるのですが、VIO脱毛3回コースのキャンペーンを実施中です。

このようにまずはお試しでうけてみたいという人は、とてもオススメなキャンペーンだと思います。

12月限定のクリスマス脱毛キャンペーン

もしお時間がまだございましたらぜひご覧になってみて下さいね。

で実際どうやって自己処理するの?その方法とは。

Vライン、Iライン、Oラインを自己処理する方法として考えられる方法は、おそらく限られてくると思います。

脱毛クリームを使うのか、毛抜きを使うのか、T字のカミソリを使うのか、電動シェーバーを使うのか、はたまた、いっその事、脱毛してしまうのか?

おそらく、これらのどれかに限られてくると思います。

除毛クリームによるIラインの自己処理

除毛クリームは、身体のムダ毛が気になる場所に塗り、しばらくおいてから軽く拭き取ると、ムダ毛をキレイに除毛出来る優れたクリームです。

しかし、Iラインはとてもデリケートで、粘膜付近に塗ると危険だし、何の成分が入っているかわからないので、やめておいたほうが良いと思います。

身体の中でも普通のお肌とちょっと違いますから、不安です。

Iラインに除毛クリームを使う場合、粘膜の近くは塗らないほうが良いでしょう。

毛抜きで自己処理

Vライン、Iライン、Oライン。ただでさえ、ちょっとした刺激でもデリケートです。

中学生のころ、私もIラインに生えてくる毛が嫌だなぁ〜って思った時に、一番最初に思いついたのが、毛抜きでした。

が、おそらくあなたも経験があると思うのですが、毛抜きで、デリケートゾーンのお手入れするのは、とてもじゃありませんが、現実的ではありません。

かなりの激痛ですよね。私は、2本、抜いただけで、ギブアップしたのを覚えています。

T字カミソリで自己処理

注意が必要。カミソリでの自己処理

ビキニラインは特に、お肌がデリケートです。

T字カミソリも、良く思いつく自己処理方法の一つです。しかし、T字カミソリで、自己処理するのは、危険です。

T字カミソリは、使用上、上下に動かすときには、しっかりをムダ毛を処理することができるのですが、お肌に歯を横にスライドさせてしまうと、自分のお肌を切ってしまうのです。

ご存知のとおり、自分の目が届く腕や足などのまっすぐと平らなお肌だったらお肌に優しいT字カミソリでもムダ毛処理には最適かもしれません。

しかし、Iラインは自分の目が届きにくく、性器があるためデコボコとしていて、しかも、お肌が弱いエリアです。なので、デリケートゾーンを傷つけてしまう可能性があるので、とても注意が必要です。

Oラインも、剃りにくいので、絶対にカミソリで自己処理しないように気をつけましょう。出来る限り、T字カミソリはVラインまでにとどめておいて欲しいです。

電動シェーバーによる自己処理

VIO脱毛前処理には電動シェーバー

電動シェーバーによるIラインの自己処理が、お金を出来るだけかけずに出来る方法といえるかもしれません。なぜならば、電動シェーバーは、お肌を傷つけないからです。

電動シェーバーは、お肌を違う方向に向けても、たとえ、電動シェーバーが小陰唇に触れたとしても、デリケートゾーンを傷つけることはありません。

しかし、これには2つの問題があります。

1つは、電動シェーバーを使ったIラインの自己処理方法だと、毛の下の部分からキレイに剃れないのです。どうしても、陰毛のジョリジョリ感は残ってしまいます。

また、1週間もすると毛穴がブツプツと浮き出てきて、自己処理する前のほうが良かったんじゃないかって思えるくらい汚くなります。

もうひとつは、目にみえない部分を剃り残してしまうということです。これはT字カミソリの場合も一緒ですが、電動シェーバーも利き手の問題で、目の届かないところは剃り残してしまいます。

剃り残しがあると、手抜き?って思われるのが嫌ですよね。いやいや、こっちは、女子力アップのために努力してるんだって!と主張したいくらいです。

アンダーヘアやデリケートゾーンを自己処理しすぎるとチクチクかゆい!

VIOラインの自己処理でチクチクかゆい

毎日、自己処理している女性は本当に女性の中の鏡だと思います。

しかし、自己処理し続けると、チクチクかゆいという問題に直面したことはありませんか。

そうなんです、VラインやIラインやOラインを常にキレイに整えておくことは大切ですが、ずっと、自己処理し続けるのもムズムズしたり気が散ったりします。

VIOラインを自己処理しすぎて赤みが出てしまったら?

VIOラインは体の皮膚に比べるとデリケートです。

だから、毎日のように剃毛するとカミソリ負けしたりします。また、毛抜きで整えたりすると、デリケートゾーンに赤みが出ることがあります。

もし赤みが出た場合、すぐに自己処理することを数日間は控えましょう。オロナイン軟膏を塗っておくといいでしょう。

VIOラインを自己処理し続けるとデリケートゾーンに問題が起こるので、実際に自己処理し続けるのは現実的ではありません。

どうしてアンダーヘアを自己処理して整えると、チクチク痒くなるのかを以前に一度、私がまとめたことがあります。

良かったら、コチラの記事も合わせてどうぞ。

デリケートゾーンの自己処理でチクチクかゆい原因と対策とは?

自己処理を諦めてVライン・Iライン・Oラインは脱毛

VIOラインの毛が、毛深くてコンプレックスに感じていたので、色んな方法を試して、自己処理する方法を探してきました。

でも、色々な方法を私自身試してみて、やっぱり、キレイにIラインを脱毛してもらったほうが、速いし、キレイだし、危険性もありませんでした。

私の場合、しっかりと毛が薄くなる効果があって、脱毛スピードが速い医療レーザー脱毛を選びました。なぜ、医療レーザー脱毛を選んだかというと、必ず、看護師さんがレーザーを照射してくれて安心できると思ったからです。

VIOラインの自己処理後の形とは?

VIOラインを自己処理で整えている人はパイパンにする人以外、きれいなアンダーヘアを望まれる方が多いですよね。

アンダーヘアをキレイに整えるためには下の図のように、VラインとIラインの繋ぎが大切になってくるのです。

VラインとIラインのつなぎ目が重要です。

VIO脱毛するときも、パイパンにする必要は一切ありません。形を整えることも可能なのです。

こちらでオススメのアンダーヘアの形をご紹介させて頂きました。

VIO脱毛でVラインを自然な形とデザインにする方法とは?

VIO脱毛する方のアンダーヘアの人気の形ランキング

こちらの二つの記事も合わせてご覧になるとVIO脱毛した時のイメージが湧くかもしれません。

もうすでに、他のページを見て頂いていたら知っているかもしれませんが、私は元々脱毛サロンで働くエステティシャンでした。

だから、脱毛サロンよりも、医療脱毛の方が効果が高いって言うことを知っていましたし、脱毛サロンの場合、光を照射してくださるのが、資格を持たない人だということを知っていました。

なかには、バイトで働いている人も、少なからずいるということも知っていましたので、それだったら、医療脱毛なら、安心できるからいいなと思い選びました。

ただ、脱毛の場合、それなりに、お金がかかるということもネックにはなるということを念頭に入れて置かなければなりません。

しかし、将来ずーっと、脱毛クリームやT字カミソリ・電動シェーバーを使うということを考えると、いっその事、Iラインを脱毛してしまったほうが、経済的かなぁ〜って思いました。しかも、若ければ若いほど、お得だと思います。

ちなみに、私がVIO脱毛でデリケートゾーンをキレイにした流れをコチラでご紹介しています。 

 多少長いですが、一度見てみると良いかもしれません。

まとめ

あなたがもし、Iラインを安全・安心しながら自己処理しようと思うのでしたら、電動シェーバーを使ってやってみるのがいいでしょう。

ただ、色んな方法を試した結果、一番良かったのは、ハイジニーナVIO脱毛でした。

しかし、今、あなたが置かれている状況と私の状況は異なりますし、「脱毛してしまえ〜」って言っているのではありません。

あなたが今、Iラインを自己処理するときに、どんな方法があるのかと、私が一番いいと思っているIラインの処理方法でした。

私がアンダーヘアについて、毛深いことで悩んでいたことや、ハイジニーナVIO脱毛を受けた体験談などを、他のページでも書いていますので、もしお時間がございましたら、見ていってくださいね。

最後まで、ご覧頂き、誠にありがとうございました。

サブコンテンツ

【12月キャンペーン更新情報】クリスマスまでにVIO脱毛!

12月限定のクリスマス脱毛キャンペーン

おすすめのクリニック

オススメクリニックの紹介

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
湘南美容外科クリニック
  1. 私が通ったクリニック
  2. 効果が高く、医療レーザー脱毛の中で低価格
  3. VIO脱毛回数:6回
  4. VIO脱毛料金:¥60,750

【エリア】全国各地55院

  • 北海道/東北/関東(全て)/中部/北陸/関西/中国/九州/沖縄

湘南美容外科の口コミ・評判はコチラ

VIO脱毛が
キャンペーン中!

湘南VIO脱毛はコチラ⇒
アリシアクリニック 
  1. 20代の女性から圧倒的な支持を受けているクリニック
  2. 全身脱毛からVIO脱毛までレーザー脱毛が低価格
  3. VIO脱毛回数:5回
  4. VIO脱毛料金:¥61,900

【エリア】

  • 東京:新宿・池袋・銀座・表参道(旧:原宿)・立川
  • 神奈川:横浜
  • 埼玉:大宮
  • 千葉:柏・船橋
アリシア脱毛はコチラ⇒
リゼクリニック
  1. モデルが多数通うクリニック
  2. VIO脱毛回数:5回
  3. VIO脱毛料金:¥89,000
  4. 料金が高く見えてもアフターケアは1番充実

【エリア】

  • 札幌・仙台
  • 新宿・渋谷・横浜
  • 大阪梅田・心斎橋・神戸三ノ宮・京都四条
  • 三重四日市・名古屋栄・新潟院
  • 広島院・福岡天神
リゼ脱毛はコチラ⇒
渋谷美容外科クリニック
  1. 渋谷院だけ夜23:00まで営業しててOLさんに人気!
  2. VIO脱毛回数:5回
  3. VIO脱毛料金:¥45,000〜¥95,000

【エリア】:池袋・新宿・横浜・池袋

渋クリVIO脱毛はコチラ⇒

お近くで医療脱毛が受けられない方はキレイモがおすすめ!

クリニック 回数、料金と詳細 公式サイト
キレイモ
  • 初月無料!次の月から月額9,500円
  • モデル・タレントが500人以上通っている
  • 乗り換え満足度92%
  • 店舗:北海道・東北・北陸・中部・関東・関西・四国・中国・九州(駅近徒歩5分)
  • キレイモの口コミ・評判はコチラ
キレイモ公式サイトはコチラ⇒

このページの先頭へ